バリューアップ ウォータープルーフ(防水工事)

~屋上・屋根・バルコニー各種防水工事~
建物の安全性、快適性を長期的に確保するために
ビル、マンションなどで最も過酷な条件下に置かれているのは屋上防水層。
もしこの部位の劣化や破断などで雨漏りが生じると、居住空間の快適性を損なうだけではなく、建物その物にも悪影響を及ぼします。ひいては建物の資産価値を低下させたり、震災において大事故を引き起こす原因にもなります。
ウエハラでは塗膜防水や塩ビシート防水、アスファルト防水などの技術を駆使し、屋上からバルコニー周り迄、建物全体をカバーする徹底した防水工事を実施しております。
また、近年においては地球温暖化に伴うヒートアイランド現象を低減させる遮熱防水の需要が広まりつつ有ります。既存防水の上に塗りだけ又は、被せるだけで太陽からの熱を強力に反射し躯体の熱変動、蓄熱を少なくし建物を保護します。
ウエハラでは、改修時において遮熱防水の提案から、既存防水層の上に新たに防水層を重ねて施工する  「かぶせ工法」など、建物の既存防水層により、様々な工法がありますので、それぞれの建物にあった工法をご提案致します。
注)「かぶせ工法」とは、既存の防水層は100%劣化しているわけではありませんので、例えば既存防水層がアスファルト防水の場合に新しい防水層を貼り重ね、一体化させる事によって、既存防水層の防水性能も生かすことが出来また防水層の撤去をしないため廃材の発生量の削減、施工中の漏水の危険性も少なくてすむ工法です。

防水リフォーム

外壁の老朽化については気にすることがあっても、屋根の老朽化はあまり意識されにくいです。しかし、屋根は直接風雨や強い日差しにさらされている部分であり、傷みの度合いも意外と早いのです。そして、傷みがひどくなり、劣化していくにつれて雨漏りの原因となります。

《シート防水》

Before

After

Before

After

メーカーからの製品(完成品)としてシートを現場に搬入し、接着剤及びシールを使い、張るだけの施工ですむため、養生期間が短くてすみ、また工程間も短時間で施工できます。

《ウレタン防水》

Before

After

Before

After

施工場所が複雑でも簡単に、かつ確実に施工できます。屋上に機器、架台などがあって複雑な下地の場合はウレタン塗膜防水を施工する場合が多いです。

シングル屋根葺き替え

Before

After

全米で80%以上のシェアーをもつ屋根材です。 グラスファイバー(ガラス繊維)基板にアスファルトをコーティングし、表面が傷つかないように石粒(砂など)をその上に施した屋根材です。セメントなどの硬い成分を含まないので、柔らかく自由に曲げることができ、イメージとしてはカーペットのように平らでない場所にも貼り付けられ、曲線の屋根にも施工が可能です。 瓦、カラーベスト、セメント瓦などの硬い屋根材とは、その材質がかなり違います。 柔らかいといってもその防水性能、耐久性においては、カラーベストやセメント瓦に勝るとも劣らないものを持っています。