バリューアップ リペア(補強・補修工事)

さまざまな分野で活躍する補強・補修工法でカーボピンネット工法は、震災等による壁面落下事故を最小限に防止。特殊ネットをはり込み、壁面全体を固定し補強します。
建築物の外壁補修技術
『ボンドカーボピンネット工法・タイル張り仕様』
ボンドカーボピンネット工法は、壁面全体を繊維ネットと炭素繊維配合ポリマーセメント材で補強・一体化し、さらにステンレスアンカーピンでコンクリート躯体に固定する事により、将来に渡って仕上げ材のはく落を防止するとともに、新規仕上げに好適な下地を提供する外壁リニューアルシステムです。
ボンドカーボピンネット工法は以下の3つのプロセスから構成されます。

3つのプロセス!!
①1液型弾力性エポキシ樹脂+炭素繊維配合ポリマーセメント材+ビニロン三輪ネット。
②側壁は4本/㎡・パラペット天端は6本/㎡注入口付ステンレスアンカーピン+コンクリート躯体+エポキシ樹脂注入。
③炭素繊維配合ポリマーセメント材+被覆して強固な改修層形成。

 
■ 工法の適用条件

①アンカーピンの引抜き強度がエポキシ樹脂併用で1800N/本以上であること。
②既存仕上げ材の厚さが75㎜以下であり、アンカーピンをコンクリート躯体に25㎜以上埋込むことができること。
③建物の高さが45m以下であること。
④新規仕上げをタイル貼り仕上げとする場合は、二丁掛けタイル以下の大きさであること。

■ 工法の適用範囲

本工法はRC、SRC、PC構造の一般外壁面及び既設仕上げ材の剥落によって人災が予測される部位(大庇裏及び鼻先、パラペット、笠木、ベランダ下部等)の改修工事に適用する。適用下地材の構成は以下の通りとする。
①コンクリート躯体+モルタル+塗装仕上げ面
②コンクリート躯体+モルタル+タイル仕上げ面
③コンクリート躯体+打ち込みタイル仕上げ面
④コンクリート打ち放し面
⑤コンクリート+塗装仕上げ面